昇進とキャリアアップは別のもの!フリーランスのキャリアを考える

フリーランスこそキャリアアップ!

キャリアアップとは会社員の「昇進」だけじゃない!

               キャリアアップとは会社員の「昇進」だけじゃない!

フリーランスの仕事

キャリアアップって、会社員だけのものって思っていませんか。昇進という制度がないフリーランスにとって、キャリアアップなんてどこか他人事のように感じるかもしれませんね。でも、フリーランスにもキャリアアップがあるんです。では、フリーランスのキャリアについて考える前にフリーランスについての基本を確認しておきましょう!
最近はフリーランスという言葉がよく使われるようになったので、世間一般にもその存在が知れ渡った感がありますよね。その一方で、フリーランスの実態についてはまだよくわからないという人も多いのではないでしょうか?フリーランスとは、要するに個人事業主のことです。会社などの組織に属さず自分で事業を営んでいる人ということですね。提供するのは自分のスキルです。企業などから受注した案件に、自分の持っているスキルで挑むというわけです。どんなスキルでも売れるなら事業は成立するので、自分のスキルを売りに案件を受注している人はみんなフリーランスと呼ぶことができます。案件に取りかかってしまえばやっていることは会社員もフリーランスも同じようなものです。決定的に違うのは、守ってくれる組織がフリーランスにはないことです。結果が良ければ評価を独り占めできますが、悪い結果の評価も全部自分ひとりで背負わなければなりません。仕事だって自分から探しに行かなければなりません。企業などの大きな組織相手に、ひとりで交渉に臨まなければなりません。こうして考えてみると、フリーランスってマルチな能力が求められることがわかりますね!

フリーランスのキャリアアップ

フリーランスにとってのキャリアアップは、同じ仕事を淡々と続けるのではなくより魅力的な仕事にステップアップしていくことです。安定重視の人は現状維持を最優先にするかもしれません。それで生活ができればいいのかもしれませんが、フリーランスの世界で生き残っていくためにはどのみちキャリアアップしていかなければならないんです。特に今の時代は変化がものすごく早いですよね。10年先どころか2、3年先にどうなっているかすらわかりません。次々に新しい何かが生まれていく中でフリーランスがやっていくためには、新しいことに挑戦しながらスキルアップしていく姿勢が不可欠なのです。会社に所属していればある程度の流れがありますが、フリーランスは流れに乗るために行動しなければ一歩も前へ進めません。自由な立場で働けるからこそ、キャリアアップについてよく考えておきましょう!戦略的にフリーランスの仕事を進めていくようにすれば、弱肉強食の世界の中で生き残っていくことができるはずですよ。

新着記事
  • キャリアアップとは会社員の「昇進」だけじゃない! キャリアアップとは会社員の「昇進」だけじゃない!

    キャリアアップは、会社員の昇進だけを意味する言葉ではありません。フリーランスにとってのキャリアアップとは、現状の仕事を維持することに固執せず新しい仕事や魅力的だと思える仕事にチャレンジしていくことです!

  • 「サービス・接客系」の仕事 「サービス・接客系」の仕事

    フリーランスがキャリアを積める仕事の中には、サービス業や接客業などの仕事も数多くあります。企業での経験や趣味、特技などをうまくサービスに落とし込めば、企業などではできない経験から多くを学ぶことができるんです。

  • フリーランス特有の「キャリアアップの勘違い」「時間の使い方」 フリーランス特有の「キャリアアップの勘違い」「時間の使い方」

    フリーランスになることがキャリアアップしたかといえば、それは大きな勘違いです。本当のキャリアアップは、フリーランスになってからどれだけ努力するかにかかっています。時間管理や休日の取り方なども、フリーランスだからこそ注意したい点ですね。