キャリアアップとは何か?フリーランスのキャリアを考える

フリーランスこそキャリアアップ!

フリーランスの「キャリア」を考える

フリーランスのキャリアは、会社員とは違います。会社員の場合は昇進という形でキャリアアップしていきますが、フリーランスの場合は仕事の質が変わっていくことをキャリアアップとします。成長し続けるためには、現状維持に甘んじることなく前へ進む努力が欠かせません。フリーランスとしてのキャリアを追求するとどこかで限界がくるので、フリーランス同士でチームを組んだり人を雇用したり、法人化するなどでキャリアアップしていくことも考えるようにしましょう!

  • キャリアアップとは会社員の「昇進」だけじゃない!

    キャリアアップと聞くと会社員の昇進を思い浮かべるかもしれませんが、実はフリーランスにもキャリアアップという概念が存在します。フリーランスにとってのキャリアアップは、新しい仕事やより魅力的な仕事にチャレンジすることです。同じレベル、同じタイプの仕事を維持することに固執してしまうと、時代の流れについていけずフリーランスとしての価値も下がってしまいます。生き残っていくためにも、フリーランスは真剣にキャリアアップについて考える必要があります。

    MORE
  • 成長し続けることが必要!

    フリーランスにとってのキャリアアップとは、常に成長し続けることを意味します。成長し続けるためには、新しいことにも積極的にチャレンジしていかなければなりません。最も理想的なのは、仕事を通じてスキルアップしていくことです。現実的に考えると仕事のみでスキルアップしていくことは難しいので、独学でスキルを磨いていく努力が必要になります。独学だけでは得られないことは、さらに上をゆく人から学ぶことができるでしょう!

    MORE
  • フリーランスの次のステージを目指そう!

    フリーランスとしてのキャリアアップにはどうしても限界があります。個人としてのレベルがかなり上がったとしても、ひとりでできる仕事の規模や量には限界があるからです。次のステップとしては、同業種や異業種の人たちとチームを組んで大きな案件に取り組むという方法や、フリーランスのまま人材を雇用して事業を拡大するという方法があります。フリーランスに限界を感じるなら、法人化で社会的信用度を上げて仕事の質を高めるという方法もありますよ。

    MORE
新着記事
  • キャリアアップとは会社員の「昇進」だけじゃない! キャリアアップとは会社員の「昇進」だけじゃない!

    キャリアアップは、会社員の昇進だけを意味する言葉ではありません。フリーランスにとってのキャリアアップとは、現状の仕事を維持することに固執せず新しい仕事や魅力的だと思える仕事にチャレンジしていくことです!

  • 「サービス・接客系」の仕事 「サービス・接客系」の仕事

    フリーランスがキャリアを積める仕事の中には、サービス業や接客業などの仕事も数多くあります。企業での経験や趣味、特技などをうまくサービスに落とし込めば、企業などではできない経験から多くを学ぶことができるんです。

  • フリーランス特有の「キャリアアップの勘違い」「時間の使い方」 フリーランス特有の「キャリアアップの勘違い」「時間の使い方」

    フリーランスになることがキャリアアップしたかといえば、それは大きな勘違いです。本当のキャリアアップは、フリーランスになってからどれだけ努力するかにかかっています。時間管理や休日の取り方なども、フリーランスだからこそ注意したい点ですね。