フリーランスのキャリアアップにつながる職種「今どきの仕事」

フリーランスこそキャリアアップ!

「今どき」の仕事

               「今どき」の仕事

今どきの仕事でフリーランスとしてのキャリアを積む

働き方の多様化が進んでいく中、少し前にはまだ存在していなかったようなサービスがどんどん増えてきていますよね。その中には、フリーランスとしてのキャリアを積める職種もあります。今どきの仕事はフリーランスとして活動しやすいものが多いので、ぜひチェックしてみてくださいね!

Uber Eats

Uber Eatsのバッグを背負って自転車などで移動する人を、都心や都市部などで見かけたことはないでしょうか。そのようなUber Eatsの仕事をしている人たちはみんなフリーランスなんです。顧客から依頼された飲食店に商品を取りに行って、お届け先へと素早く届けるのがUber Eatsの役割です。フリーランスなのでどのようなやり方をするかはその人次第で、大手配達業者のようなレギュレーションも特にありません。自由で小回りがきくので、効率化を考えながら最適のルートで仕事を進めることができますよ。

YouTuber

子どもたちの将来の夢として上位にランクインしている今どきの仕事といえば、やっぱりYouTuberですよね。YouTuberの収入源は広告収入です。動画をアップして広告収入を得るためには、パートナープログラムに参加する必要があります。広告費は1再生で約0.1円。そう考えると先の長そうな話にも見えますよね。実際、多くの人に見てもらわなければ収入になりませんし、生活を成り立たせるだけの収入を得るためにはかなりの努力が必要です。視聴者にまた見たい、もっと見たいと思わせる動画を1本作ればいいわけではなく、どんどん作らなければなりません。YouTuberを名乗る人の中には、公序良俗に反する動画や違法な動画で再生数を稼ごうとする人もいます。YouTuberという仕事自体は悪いものではないのですが、悪用して稼ぐことは絶対にダメです。悪質な動画をアップロードしてしまうと、大切な収入源であるアカウントが凍結されてしまうので十分に気をつけましょう。ファンが増えてくれば、企業とのコラボ企画や取材の依頼が来たりすることもありますよ。YouTuberとして名をあげることができれば、そこからYouTube以外の活動の幅が広がる可能性もあります。

インスタグラマー

インスタグラマーの収入源もYouTuberと同じく広告収入です。フォロワーが多くなると、企業から商品のプロモーションを依頼されることもあります。一般的には1フォロワー約1円ですが、インフルエンサークラスになると報酬額はかなり大きくなるといわれています。ファンが増えれば、インターネットの世界から飛び出して活躍できる道も広がりますよ。

新着記事
  • キャリアアップとは会社員の「昇進」だけじゃない! キャリアアップとは会社員の「昇進」だけじゃない!

    キャリアアップは、会社員の昇進だけを意味する言葉ではありません。フリーランスにとってのキャリアアップとは、現状の仕事を維持することに固執せず新しい仕事や魅力的だと思える仕事にチャレンジしていくことです!

  • 「サービス・接客系」の仕事 「サービス・接客系」の仕事

    フリーランスがキャリアを積める仕事の中には、サービス業や接客業などの仕事も数多くあります。企業での経験や趣味、特技などをうまくサービスに落とし込めば、企業などではできない経験から多くを学ぶことができるんです。

  • フリーランス特有の「キャリアアップの勘違い」「時間の使い方」 フリーランス特有の「キャリアアップの勘違い」「時間の使い方」

    フリーランスになることがキャリアアップしたかといえば、それは大きな勘違いです。本当のキャリアアップは、フリーランスになってからどれだけ努力するかにかかっています。時間管理や休日の取り方なども、フリーランスだからこそ注意したい点ですね。